« 自販機はいまいちだけど、全般的には使いやすいEdy | メイン | どんな方にもお金は貸しません »

友達同士のお金の貸し借りについて

"友達同士では、本の貸し借り等はしてもいいかもしれませんがお金の貸し借りは辞めた方が無難だと私は思います。
そこのところの線引きはとても大事なのではないでしょうか。
親しければ親しいほど、貸し借りをするのは辞めた方が良いかと思います。
友人関係の破綻につながってしまう可能性がとても大きいです。
私自身は以前、友人にお金を貸した事が一度だけあります。
その時は、あげるつもりで渡しました。
督促するのもなんだかなあと思いますし、返ってこなくてもいいやぐらいの気持ちで貸すと気が楽ですね。
その後、やはり返金されることはなく関係もそこで断たれてしまいました。
借りる、もしくは貸すことをした時点で友人関係の破綻につながってしまったのかもしれません。
お金の貸し借りは、やっぱりどちらにとっても精神的に良くない気がしますので、私はこれから先はする事はないと思います。
友人に貸す場合は、督促がしにくいというデメリットが存在しますので
気が短い人には絶対に向かないですね。
お金の貸し借りの関係は友人関係と呼べるかどうかというと微妙ですしね。"

About

2014年05月29日 11:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自販機はいまいちだけど、全般的には使いやすいEdy」です。

次の投稿は「どんな方にもお金は貸しません」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。